ホーム/メタルプリンティング/Desktop Metal Studio System+
  • Desktop Metal Studio System+

  • この商品に関するお問合せ
  • Desktop Metal Studio System+は、従来のStudio Systemと同じくオフィスフレンドリーでありながら、高度な印刷機能と拡張性兼ね備えたメタル3Dプリンターです。

  • 商品説明 FAQ
      • 商品説明
      • FAQ
  • Studio System+
    High resolution printing.
    In-house & built to scale.
    オフィスでも安全
    Studio System+はレーザーや金属粉を使用しないため、どこでも安全にご使用いただけます。従来のメタル3Dプリンティングシステムとは異なり、特別な装置や設備が必要ありません。
    簡単な操作
    シンプルなモデルの準備と手で取り除くことができるサポート材により、Studio System +は金属を室内にて容易にプリントできます。統合されたソフトウェアは、優れた冶金にするまでのプロセスを自動的に計算し仕上げます。
    スケールアップ
    このシステムは、多様な業種ののニーズに適応するように設計されています。このソフトウェアは、複数の異なる造形ジョブに最適なカスタムな造形プランを自動生成し、また脱脂と焼結の許容量を増やすことで、少量生産に拡張を展開します。

    新しい特徴

    Studio System+は従来のStudio Systemと変わらずオフィスフレンドリーな金属3Dプリンティングを可能とし新しく加わった性能とスケールデザインにて仕上げていきます。

    高解像度でのプリント
    ソフトウェアプロファイルを備えた、新しい着脱可能な25ミクロンのプリントヘッドにより、新しいジオメトリー造形とアプリケーションが有効となります。表面が滑らかに改善されるだけでなく小さな部品などの微細なを造形が実現します.。
    造形の様子を監視
    インターネットのブラウザにて、本体の搭載カメラより造形中の部品の進行状況をビデオにて閲覧することが可能です。
    脱脂と焼結の増量
    積み重ね可能な棚を脱脂機及び焼結炉に追加したことで、脱脂と焼結の段階にて発生する作業効率を向上します。
    より良いパーツの造形
    アップデートされたレトルトのボックスは、熱均一性を維持し、より高品質の部品を実現可能とします。
    運用コストを削減
    サードパーテーのガスを使用可能にすることで、部品単価を抑えて消耗品のコストを削減することができます。
    Studio Fleet™
    カスタム設定可能なハードウェアソリューションは、質の高い金属部品の少量生産の効率を高めます。

    製造プロセス

    1. データ
    Studio SystemのソフトウェアはSTLを始め、数多くのデータ方式に対応してます。
    2. 造形 (プリンター)
    Studioプリンターは、FDMプリンターの様に積層に積層を重ねて造形を行います。 出来上がった造形品は仕上げにヤスリがけを行なうことも出来ます。
    3. 脱脂 (デバインダー)
    大部分の結合剤はデバインダー内で除去されます。溶液は内部で循環しながら洗浄しているため、必要に応じて補充するだけで品質を保てます。
    4. 焼結 (焼結炉)
    焼結炉に造形物を入れて溶解温度近くまで加熱を行ないながら高密度化を行い、96-99.8%まで密度を高めます。

    ローボリュームプロダクション

    史上初、オンデマンド金属3Dプリンティングがさまざまなビジネスの現場にて、部品要件、生産量、コスト制約に対応し、使いしやすくスケールアップ可能な製造を実現します。

    Separable Supports™

    サポート材であるセラミックパウダーは、のり(バインダー)と混合されています。こちらは0.2kgのカートリッジにて提供されます。焼結後も溶けることもなくパウダーとして残るためスライドしてサポート部分を取り出せます。

    ソフトウェアで管理されたワークフロー

    Fabricate™ソフトウェアは、製造プロセスの最も困難な面を自動化します。容易に取り外し可能なサポートを自動的に生成し、1つまたは複数の部品を造形する場合でも、ジオメトリおよびマテリアルの各造形プランを調整します。これにより、特殊工具や専用オペレーターなしで高品質の金属部品を簡単に製造できます。

    An end-to-end solution

    Studio System+は、金属3Dプリンティングを自動化する3つ柱からなるソリューションです。デスクトップメタルのクラウドベースのソフトウェアと緊密に統合され、複雑な金属部品をデジタルファイルから焼結まで社内にて造形するためのシームレスなワークフローを提供します。

    クラウドベースのシステムにより、自動的に最適なプロファイル、パーツの交換時期、収縮への対応を行います。 焼却炉を利用する際、長年の冶金の知識は必要ありません。

    システム仕様

    プリンター

    Studio Systemのプリンターは、メタルパウダーを溶かすレーザー焼却法とは異なり、 FDMプリンターのようにメタルを押し出して造形を行います。 安全に扱えるだけではなく、closed-cell infillと言う軽量かつ強固な造形方法等、新しい手法を取り入れることも出来ます。

    造形エリア
    最大造形可能サイズ
    最小積層ピッチ
    ビルドレート
    プリントヘッド
    本体寸法
    重量
    供給電源
    ソフトウェア

    305 × 205 × 205 mm
    255 × 170 × 170 mm
    50 µm
    16 ㎤ / hr
    2ヘッド
    830 × 530 × 950 mm
    97 kg
    120V 20A 50-60Hz
    Studio System™ クラウドソフトウェア

    プリンター テクニカルデータ (pdf)

    デバインダー

    ディバインダーは結合剤を溶かして、焼却炉に造形物を入れる準備を整えます。 高効率な排気設計により、特別な排気処理をせずにオフィス内でご利用頂くことが出来ます。 自動で蒸留を行い再利用が出来るので、毎回溶解液を補充する必要はありません。

    タンク容量
    本体寸法
    重量
    供給電源
    ソフトウェア

    17.4リットル
    740 × 570 × 1020 mm
    150 kg
    110V 単相 20A
    Studio System™ クラウドソフトウェア

    デバインダー テクニカルデータ (pdf)

    焼結炉

    温度調整から完了まで全自動のStudio Systemの焼結炉は、工業用に負けない焼結力を備えながらも、オフィスでご利用頂けます。登録されている最適な設定で、造形物に最適な加熱と冷却を行ないます。レーザーベースのシステムで起こる、剰余ストレス等の心配もありません。

    ワークスペース
    最高温度
    本体寸法
    重量
    供給電源
    ソフトウェア

    305 × 205 × 205 mm
    1400 ℃
    1380 × 754 × 1618 mm
    500 kg
    208V 3相5線式 30A
    Studio System™ クラウドソフトウェア

    焼結炉 テクニカルデータ (pdf)

  • ニュースレターのご登録
  • ご登録いただき、ありがとうございました!
    Copyright © 2015 BRULÉ   All Rights Reserved.
  • Copyright © 2015 BRULÉ   All Rights Reserved.
  • Full site version